【漫画】ギフト±が今なら1巻まるまる無料で読めるぞっ!!

ギフト±(作者:ナガテユカ)が1巻無料で読めるので読んでみたら、大人向けの深いストーリーでツボだった。あらすじや感想をまとめたので、気になったらあなたも是非(・∀・)
MENU

【漫画】ギフト±が今なら1巻まるまる無料で読めるぞっ!!

まんが王国で1巻まるまる試し読みできる「ギフト±」が、大人向けの考えさせられる漫画って感じで個人的にツボでした。

 

ギフト±のあらすじや読んだ感想をまとめておくので、面白そうだと思ったら是非あなたも読んでみて下さい(^_^)

 

※ギフト±は、まんが王国にアクセスし「ギフト±(プラスマイナス)」で検索、もしくは作者名の「ナガテユカ」を検索で、1巻まるまる無料で読めます。

▼まんが王国はこちら▼

ギフト±のあらすじ

鯨(くじら)の体には無駄な所が無い。肉・髭・骨、全てが利用できる。

 

そして、それは人間の体も一緒だ。心臓、肺、肝臓、腎臓、腸、etc.etc.どの部位も移植手術などに欲しがる人が後を絶たない。

 

女子高生の鈴原 環(すずはら たまき)は、凶悪犯罪者を「くじら」と呼び、捕らえては無駄なく解体し、闇医者に売るという行為を繰り返していた。

 

それは社会的にも道徳的にも許される行為ではない。しかし、環には環なりの正義があり、犯罪者を解体している。

 

「凶悪犯罪者に生きている価値なんてない。だけどこうすれば(パーツにすれば)存在価値が生まれる。これも人助けだよ。」

ギフト±の登場人物

鈴原 環(すずはら たまき)
女子高生、2-C所属。美人と言っていい顔立ちだが、表情に乏しく、何を考えているのか分かりづらい。その為、学校でも孤立しがち。
学校外ではタカシと組み、凶悪犯罪者を拉致しては、解体している。タカシ曰く、「解体は環(あいつ)が一番巧い」。
その行為からは一見矛盾するようだが、犯罪者に対しても「命は大事にしなきゃ・・・」と思っている。

 

タカシ
金持ちのボンボン風の青年。環と組んで、凶悪犯罪者の臓器を捌いている。
環はあくまで解体担当で、お客との交渉等は全てタカシが担っている。

 


闇医者。本名は英 琢磨(はなぶさ たくま)。
3年前、英医院の院長殺害と放火の疑いをかけられ、指名手配されたため「林」という偽名を名乗っている。
3年前に環の心臓手術を担当しており、今は何がしかの理由で環の行方を追っている。
タカシとは臓器の取引を行う間柄だが、その裏に環がいることに気が付いていない。

ギフト±の感想

こういう漫画を読むと、正義とか悪が分からなくなる(;´Д`)

 

いや、普通に考えれば「人を解体して売る」って犯罪で悪ですよ?だけど解体するのは犯罪者オンリーで、それで助かる人がいるとなるとね・・・。法的には悪だけど、法さえ取っ払えれば正義みたいな。

 

それによくよく考えると、我々人間って牛や豚、鳥や魚など、様々な生き物の犠牲の上で成り立っている。なのにどうして人間は殺しちゃいけないんだ?って。

 

まぁ、簡単に人を殺していい社会だと、復讐の連鎖とかでグチャグチャな世の中になっちゃうと思う。だけど、犯罪者相手なら殺してもいいじゃんって気にならなくもない。(死刑制度とかあるくらいだし。)

 

う〜ん、堂々巡りで明確な答えは出てこない。だけどこういう漫画を通してでも、法に縛られず自分の頭できちんと考えることが、より良い社会を作っていくと思うんです。

 

「法律で決められてるから」って思考放棄して、法に縛られるだけじゃあ、法を考えた者の操り人形になるだけぜよ。

 

つねに何が正しいのかは自分で決めていく。そういう考えの人だったらギフト±とは相性が良く、読んでて楽しめると思います。(私もそういうタイプです。)

 

1巻を読んで気になった所&2巻以降の予想

環ちゃんはどうしてあんなプッツンしちゃってるのかが気になりました。だって林さんの持っていた3年前の写真だと、あんな年相応の笑顔を見せていたのに〜(>_<)

 

3年前までは普通の女の子だったと考えると、今みたいになったきっかけはきっと心臓手術だと思う。で、その心臓手術はきっと移植手術で、連続殺人犯の心臓を移植されたとかΣ (゚Д゚;)

 

だってほら、心臓移植に関してこんな話あるじゃないですか。心臓移植後に今まで興味なかったピアノに急に興味もったり、男の心臓を貰ったからか女なのに女にドキドキするようになっちゃったり・・・みたいな。だから私の予想もイイ線いってると思うんです。

 

それで、その連続殺人犯の心臓の仕入先はタカシだった・・・というような因縁、超ありそ〜!!

 

ギフト±はまだ未完みたいだから、この辺りの真相が分かるのはまだ先の話かな??

 

何にしてもとりあえず2巻以降も読んでみよっかな♪

 

※ギフト±は、まんが王国にアクセスし「ギフト±(プラスマイナス)」で検索、もしくは作者名の「ナガテユカ」を検索で、1巻まるまる無料で読めます。

▼まんが王国はこちら▼

このページの先頭へ